くわばら皮膚科クリニック

福井市城東の皮膚科クリニック。くわばら皮膚科クリニックです。

TEL.

0776-27-6000

〒910-0853 福井県福井市城東2-6-1

ようこそ、くわばら皮膚科クリニックのホームページへ。 当院の母体となる富士フソーグループのホームページは こちらからごらんください。

年末年始の休診について

2018年12月29日(土)~2019年1月4日までとなります。まことに申し訳ありませんが、ご了承の程よろしくお願いします。

長谷川先生外来について

次回は2019年1月12日(土),2月2日(土),3月2日(土)を予定しております。

午後の受付時間

 最終受付時間は、 平日の午前は、12時30分、午後は、18時30分、 土曜日の最終受付時間は、14時 です。

WEb受付

一度当院に来院されたことがある方は、パソコン、携帯電話、スマートフォンで使用できます。

(最適化で待ち時間が短くなる傾向の)診察受付のネットWEBご予約⇒ 409aade2fa1b617f027ff41af98c99f1 http://clinic.smiley-reserve.jp/kuwabara-hifuka kuwabara-hifuka1

福井済生会病院 皮膚科部長 長谷川先生外来の開始

毎月第1土曜日に 福井済生会病院 皮膚科部長 長谷川先生の診察があります。 7月は長谷川先生の診察は休診となります。
その日は2診体制になります。
 
月曜日 午前中 若原先生 の代診外来で、 自費診療(美容相談、ワイヤー挿入、静脈瘤等) は行っておりませんので、他の日にお願いします。

Qスイッチルビーレーザーの開始について

現在、済生会で使用しているQスイッチルビーレーザーの2016年10月に新規販売開始したQスイッチルビーレーザーを購入いたしました。保険内の適応疾患は、太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性刺青、扁平母斑となります。保険適用外はその他のしみ、あざとなります。詳細は 「Qスイッチルビーレーザー」をごらんください。

赤ら顔の治療について

なかなか治らない赤ら顔の治療として、自費にて、当院では、アゼライン酸、メトロニダゾール外用を開始いたしました。 また、IPL(光治療)治療も併用しております。詳細はお尋ねください。

福井新聞掲載について

おこぜの対処法にて、2016年10月6日に福井新聞に掲載されました。 DSC_0475-mini1

下腿静脈瘤について

済生会と連携していますので、下腿静脈瘤で、お困りの方は、ご相談下さい。また、弾性ストッキングコンダクターの有資格者が勤務していますので、下腿静脈瘤の弾性ストッキングのサイズ測定や相談が可能です。

ターゲット型エキシマ紫外線治療器導入のお知らせ

乾癬、白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎に効果があるターゲット型エキシマ紫外線治療器「308エキシマーシステム」を導入しました。詳細は 「308エキシマーシステム」をごらんください。

当院の新規治療について

子供の水いぼに対して、処置時の痛みの軽減として、ペンレスを貼って痛みの少ない処置をしています。詳細はお尋ねください。 難治性の潰瘍に対して無菌の蛆虫によるマゴット療法をしております。自費診療となりますが、詳細はお尋ねください。 巻き爪には、ガター法(陥入爪にチューブを挿入する方法)、フェノール法(爪を一部切り、フェノールでやく方法)行っております。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
上へ